あわや大惨事

築30年以上経過している職場の建物で、職員用トイレから水漏れがありました。普段から水回りのパッキン交換等は私が修理していたので、今回も大丈夫かなと思いちょっといじってみることにしました。

漏水個所がトイレのタンクに水を供給する配管の壁部分で、30年間もそのままなので、「またパッキン交換すれば大丈夫かなぁ」という程度で修理を始めたのですが、これがその後大惨事になるとは・・・。壁の付け根だったので本来であれば屋外の止水栓で水を止めてから作業をすれば良かったのですが、屋外の止水栓の蓋の上に単管で作った物置があったため、やむを得ず内部の水漏れ付近についていたハンドル部分を回すと継ぎ目部分から水がプシューっと出てくるではありませんか。

あわててさらに締めると勢いが増していく状態で、ついに素人修理では手におえない事態になってしまいました。仕方なく水道業者さんを呼んで修理してもらいましたが、その間30分くらい水がピューピュー出ている状態で床が水浸しになってしまいました。素人修理は気を付けないと改めて思いましたが、修理方法を学べたので次回は治せるかもと少し思ってしまいました。アミノハニー酵素の効果と口コミを調査!楽天で購入すると安い?